よくある質問|小規模事業者持続化補助金

補助金は、主婦でも申請できますか?

開業届を出すなど、書類をきちんと揃えれば、主婦でも補助対象になります。

補助金は、サラリーマンでも申請できますか?

開業届を出すなど、書類をきちんと揃えれば、サラリーマンでも補助対象になります。実際に、脱サラのために、補助金を使って本格開業の準備をされる方は少なくありません。

「補助金に採択されなかったら起業しない」ということは可能ですか?

可能と言えば可能です。ただし、申請するためには『開業届』を出さなければなりませんから、何もしなければ起業した状態になっています。『廃業届』を出すなどしなければなりません。

新たにマンションを借ります。補助金は出ますか?

補助金をもらうことが可能です。ただし、補助対象にするためには、契約の時期などを、補助金のルールに合わせて調整する必要があります。

以前、持続化補助金をもらったことがあります。もうもらえないですよね?

小規模事業者持続化補助金は、採択から1年程度たったら、再度申請することが可能です。ぜひ再チャレンジしてみてください。3期以上連続で採択される方も多くいらっしゃいます。

補助金で店舗・オフィスを改装したいです。

本補助金は、そういう取り組みにぴったりです。改装工事費用や、改装の際に必要になった椅子・テーブルなど、様々なものを購入し、補助対象にすることができます。ぜひ、ご利用をご検討くださいませ。

人件費に補助金は出ますか?

第15次の募集(2024年3月締切分)から、人件費が補助対象外になりました。

補助金をもらうには、領収書をもらえばいいんですよね?

基本的に、現金決済は避けるように記載されています。領収書を失くしてしまうと、絶対に補助対象にならなくなってしまいます。必ず、通帳に残る形で振り込みするようにしましょう。

補助金で必要なものを、通販で買おうと思います。注意はありますか?

支払いは、振り込みかデビットカードからの支払いがお勧めです。クレジットカードの場合、引き落としまで終わっていなければ、補助対象になりません。リボ系のカードの場合、『うっかり補助対象外』ということがしばしば発生しますので、ご注意ください。

補助金申請を、支給まで丸投げしたいです。

時々、「全部お任せしたい」というご相談を頂きます。しかし、見てきましたように、残念ながら、補助金はそういう性質のものではありません。

見積依頼・発注・支払いは代われません。計画書の準備をしたり、実施内容の一部を請け負って、必要書類をお見せしたりすることはできます。しかし、いわゆる丸投げは難しいですし、補助金取消・返金等のリスクもあります。

きちんと準備して、上手に支給を受けられるように準備しましょう。

補助金申請に関する私たちの実績

    必須 申請したい補助金

    小規模事業者持続化補助金ものづくり補助金事業再構築補助金地域創業系補助金その他相談したい

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    必須お電話番号

    必須相談内容の概要

     

    はやさぽ|HAYASAPO